女性の習慣的なナッツ消費は体重増加には繋がらないということが信頼性の高い実験で証明された

f:id:oyomiyo:20181206115321j:plain

近年では、ナッツが体重や健康に与える影響を調査した研究が増えてきています。その多くがナッツの健康増進効果や、体重減少に役立つとして評価しているのは面白いところです。

本来カロリーが高いナッツ類を習慣的に食べると体重の増加につながりそうですが、逆に体重減少につながるという研究結果は多くあり、ナッツに含まれている栄養素がいかに健康的なものかどうかを象徴しているようにも感じます。

とにかく、「ナッツ愛好家」を自称する私からしてみれば、ポジティブな研究結果が出るたび嬉しくなるわけです。

ナッツに関わる研究や論文はくさるほどあるわけで、それぞれ信憑性や対象者が異なるわけですが、今回は女性を対象にした信頼性の高い研究があったので(ゴリゴリな男である私が)気合を入れて紹介したいと思います。

ナッツを習慣的に食べると体重の増加につながるか

米国ハーバード大学での研究です。*1

女性で、糖尿病やがんなどをかかえていない健康的な看護師が対象者となっています。年齢は20~45歳。

追跡期間は1991年から1999年ですので、8年間という長い期間をかけたデータです。

また対象者の数が51,188人というかなりの人数となっています。

 

では気になる研究結果です。

 

この実験では、

ナッツを週間的に食べる(週2回以上)と報告した女性は、ナッツをほとんど食べなかった女性と比べて体重の増加が少なかったという結果になっています。

いずれも体重が増加した場合、体重増加がどれだけ抑えられたかというデータです。

ナッツをほとんど食べていない女性が平均して約5.55kg増加しているのに対して、ナッツを週2回以上食べていた女性陣は5.04kgの増加と僅かばかり体重増加のリスクが抑えられていることが分かります。

高カロリーなナッツを週2回食べるだけで体重増加がむしろ抑えられているというのは面白い結果です。

またこの結果は、正常体重の人にも、過体重の人にも、肥満の人にも全てにおいてリスク減の効果が見られたとされています。

結論

女性がナッツを習慣的に食べたとしても体重増加にはつながらず、むしろ体重の増えるリスクは低減した。

このことから、ダイエットにナッツを取り入れても体重増加を心配することなく、体重維持に一役買ってくれる可能性があることが分かります。

今回は女性にフォーカスして考えましたが、ほとんどの場合ナッツを習慣的に食べることは体重の減少または、増加のリスク低減に役立つとされています。

ナッツは高カロリーだからダイエットにはちょっと、、、と考えていた皆さん!

これを機にナッツを食事のルーティンに組み込んでみてはどうでしょうか。

 

ではまた。