「実食レビュー有」サチャインチナッツって何が凄いの?ナッツ類の有名どころと徹底比較してみた

この記事ではサチャインチナッツという、今にも舌を噛みそうな名前のナッツについて徹底解説していこうと思います。

どうぞ発音される際は舌のストレッチを入念に行い、万全の状態で発音されて下さい。

ストレッチごときをめんどくせーと言ってはいけません。

ストレッチごときより遥かにめんどくせー私という人間が記事の最後まで付きまとうからです。

なにはともあれ、そんな私がサチャインチナッツについて、他のナッツとの比較も加えながら解説していきますのでどうぞ最後までお付き合い下さい。

※私はフザけてますが、記事の内容に関しては真面目です。

サチャインチナッツとは

サチャインチは星の形が特徴的なアマゾンのつる性植物です。特にペルーやコロンビアで栽培されています。栄養価が非常に高く、最近ではスーパーフードとして注目されています。別名「インカのピーナッツ」とも呼ばれているようです。

f:id:oyomiyo:20181119145944p:plain

インカインチ(INCAINCHI)も通称として使われることがありますが、これはいわゆる商品登録名(柿ピーとか)のひとつが浸透したものだそうです。

食べ方は様々ですが、ローストしてナッツとして食べたり、サチャインチオイル(またはグリーンナッツオイル)として油分を使用されたりもします。

流通量が比較的少なくお店でも見かけないようなマニアックなナッツですから知名度は低いですが、隠れた人気を誇るナッツでもあります。

ちなみに名前の由来は、インカ帝国を支配していたケチュア族のケチュア語で「サチャ(野生の)インチ(ナッツ)」という意味になるようです。

サチャインチナッツの栄養価

サチャインチがスーパーフードとして注目される所以はもちろんその栄養価にあります。

これから、自称「ナッツ愛好家」の私が他のナッツ類と比較しながら説明していきます。

オメガ3

最近よく聞くオメガ3です。脳の神経に作用して、記憶力や学習能力の向上に効果があるとされています。

一般的に知られているナッツ類の中で特にオメガ3の保有量が多いのはクルミです。それ以外のナッツ類では多少の差はありますが多くても1g程度です。つまりほとんど含まれてません。

分かりやすいようにグラフ化してみます。

 

<

こうするとサチャインチナッツのオメガ3保有量かどれだけ多いかが分かるはずです。

ただよく言われることとして、オメガ系の栄養素はバランスが重要です。

オメガ3をただ闇雲にとればいいという訳ではなく、オメガ6の過剰を避けつつ摂るというのが鉄則です。普段の食生活でオメガ6の方が過剰になることが多いからです。

じゃあオメガ6もグラフ化せんかいはよ。

あっ、、、はい、、。(震え)

<

オメガ3もオメガ6も同類の脂肪酸なので、一方が高いとどちらも高くなる傾向にあるのですが、サチャインチナッツの場合はそこまで高くないのが見て取れると思います。

サチャインチナッツは、オメガ系脂肪酸の保有量だけでなくバランスまで完ぺきなナッツと言えるでしょう。

アンチエイジング効果

細胞の老化を防ぐ抗酸化作用のある物質をどれほど含んでいるかが基準になります。先程取り上げたオメガ系脂肪酸をはじめとする良質な脂肪分だけでなく、「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEも多く含んでいます。

ただし、アンチエイジング効果が認められている物質は数多くあるためこれを全部調べるとなるとめんどくさいので、ここではORAC(オーラック)と呼ばれる指標を使います。

これは食品の抗酸化力を評価する指標として使われているため、これで比較してしまえば正確でしょう。

これに基づいて調べた場合、インカインチは良質な植物性オイルを含んでいるエキストラバージンオリーブオイルの22倍もの効果が有ったとされています。*1

※インカインチオイルでの結果です。

あれだけアンチエイジング効果で持ち上げられているオリーブオイルでさえしのいでいるというのは驚きです。

オイルの状態での結果しか見つけることができなかったため他のナッツ類と横列で比較できないのが残念ではありますが、いずれにしても高い保有率があるということは理解してもらえると思います。

また抗酸化力を評価する別の指標を使った場合、特に良質な油を多く含んでいるとされるえごま油、亜麻仁油と比較しても2倍以上の効果があったことが分かります。

もちろん抗酸化作用があるということを考えるとアンチエイジング効果だけでなく、生活習慣病予防やがんのリスク低下にも効果が高いともいえます。

糖質が低い

サチャインチナッツは、ナッツ類の中でも糖質が低いほうです。

これもグラフを載せておきます。

 

<

以下の表には食品に含まれている糖質量ではなく、実際に消化吸収できる糖質量のみを計算した利用可能炭水化物量を記載しています。

※ヒマワリの種、ブラジリアンナッツ、ピーカンナッツはフライ又は味付けされたものを参考にしています。

上も表にサチャインチナッツは含まれていませんが、サチャインチナッツの全体の糖質量は7g程と言われています。

その中でも体内で吸収される糖質のみを数値化したのが利用可能炭水化物量なので、上の表で比較した場合、実際の数値はもっと低くなるでしょう。

ナッツ類の中でもクルミを筆頭に、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、アーモンド等が糖質が低いとして良く評価されますがサチャインチナッツもそれらと同じくらい糖質が低いことが分かります。

ちなみに有名なナッツ類の中でも特に糖質が高いとされているのはカシューナッツです。

そもそもナッツ類があまり糖質が高いものが少ないため浮いてしまうというのは事実ですがくれぐれも食べすぎには注意しましょう。

実食レビュー

実はこの私、「ナッツ愛好家」を自称しておきながら、一度もサチャインチナッツを食べたことがなかったのです。

かなりマニアックな種類ですし、お店で手に入るようなものでもないので、敬遠してきたわけではないにしろ食べる機会がありませんでした。

ただ、こんな記事を書くにあたってここで食べておかない訳にはいかないということで、、、。

f:id:oyomiyo:20181113214921j:plain

ドン。

もちろん自腹です。

逆に誰が出すねんという意見はさておき、、、

お値段も他のナッツと比べるとまあまあしますね。でもバカ高いという印象ではありません。

近くに売ってなかったのでアマゾンで買いました。

 

、、、あ、アマゾンってAmazonですよ?

言わんでも分かるわ。

(アマゾンの植物だって最初に言ったから誤解される可能性がありますからね、、、、。一応ね、一応。汗)

 

で選んだのはこれ。

研光通商 サチャインチナッツ(無塩) 50g

クリックでアマゾンに飛べます。

なんでちゃんと荷造りしてからクリックしてください。

 

あ、アマゾンじゃなくてAmazonに飛ぶやつでしたね。(;'∀')

うぜぇ。とにかくうぜぇ。

はよ開封せいとせかされている気がするので開封します。

f:id:oyomiyo:20181113215916j:plain

結構ぎっしり入ってる印象です。持った感じも意外と重たいです。

どんな味?

えーっとですね。

一言でいうとですね、、、。

 

何かを濃縮した乾燥大豆。

です。

 

何を濃縮してるのかはよくわかりませんが、一番近い食品に例えるとすれば、無添加の乾燥大豆でしょう。

ただ、ピーナッツに近い感じもするので、大豆とピーナッツの中間といってもいいかもしれません。

でも乾燥大豆ほどさっぱりした感じはなくて、どことなく臭みはあります。味というよりも風味の方が強いです。好き嫌いが分かれるのはここら辺だと思います。

私は全然嫌いじゃないですね。かといって好き好んで食べたい味かと言われるとそうでもないです。

たべれなかった時の言い訳も考えてはいたのですが、自称「ナッツ愛好家」としての自尊心を守ることができまずは一安心です。

どんな匂い?

土臭いという意見が多かったような気がしますが、確かに言われてみるとそんな感じはあります。

でもどちらかといえば、

草むしりをしたときの草の匂い

の方が強い感じがします。雑草でスムージーを作ったらこんな匂いなるやろなって感じの匂いです。

ただ、ウエッってなる感じではなく、どことなく癖になる不思議な香りです。気になって何度もかぎたくなる。靴下の臭いを確認してしまう時の良く分からない心理状態になりました。(笑)

どんな食感?

食感は完全にナッツです。

噛んだ瞬間、カリカリッ、ポリポリッと音をたてて崩れます。

アーモンドほど固くはなく、ピスタチオやカシューナッツほどしっとりした感じもありません。

マカダミアナッツとかピーナッツくらいの硬さと同じくらいです。自分が想像していたよりは硬くなかったです。

また脂肪分が多いですから、オイリーな感じを予想はしていたのですが、意外にもしっとり感はあまりありませんでした。どちらかというと乾燥している感じが強かったです。

ひとつ気になるのは、食べた後にザラザラした食感が残ることです。

個人的にはこれが土臭いという印象につながっているのではないかとも思いましたが、若干舌にザラザラが残る感じはありました。

そこまで気にする人はあまりいないと思いますが、この感じが好きだという人も確実にいないでしょう。

少なくとも「何このザラザラ感~めっちゃ好き~~!!!」って人がいれば私はドン引きます。

 

まとめると、

味、風味、臭い、食感全てにおいて万人ウケはしないかクセにはなります。

ただこれだけは言えると思います。

他のナッツの方が美味い。

別に不味いわけではありません。美味いかと言われるとそうでもないというだけの話です。

要は小学生の好きな食べものランキングにランクインすることは決してないが、オッサンが嗜む酒のつまみであれば許せるレベルでしょう。

ヒジョー分かりにくい食レポで申し訳ないのですが、なんとなくでもイメージが湧けばと思います。

機会があれば、サチャインチオイルも試してみたくなりましたね~。

最後に

サチャインチナッツについて紹介してきましたがどうだったでしょうか?

高い栄養価があり、オメガ3やアンチエイジング効果の高い栄養素が豊富に含まれた珍しいタイプのナッツだということがわかってもらえたと思います。同時に糖質が低く、ダイエット向きであると言う事も覚えておいて欲しいところです。

私はアンチエイジングやダイエットなんて興味もない人間なのですが、健康面のことを考えると普段から良質な油を取っておくことの大切さはしみじみと感じています。

ガンや心臓病、生活習慣病を予防する上でナッツの脂肪分は非常に効果があるからです。そもそも好きで食べていたナッツなのですが、それぞれに特徴があり知れば知るほど愛着が湧いてしまう。そんな部分があります。 

また自分自身サチャインチナッツの味を知ることが出来ていい経験になりました。「ナッツ愛好家」を自称するためにももっと幅広くナッツの知識を蓄え、発信していく予定です。

ではまた。