「薄い、苦い、酸っぱい」使ってみて分かった、マキネッタで入れたコーヒーがまずくなる理由

f:id:oyomiyo:20190523140639j:plain

マキネッタを使い始めたにもかかわらず、思ったような味にならない、不味い、うまくいかないと悩む人は多いようです。

そんな悩みを持つ人にぜひ教えてあげたい、、、。

 

何がマズいかって?

 

そう。

コーヒーです。

(やかましい)

 

くだらない冗談はさておき、一つずつ説明します。汗

マキネッタで入れたコーヒーが酸っぱくなる理由

豆自体の問題

酸味は本来出て当然のものです。

そのため、酸っぱさの原因はほとんどの場合、豆自体、もしくは焙煎や挽き方に影響されます。

 

始めてカフェなどでエスプレッソを飲んだ時、あまりの酸味に驚いたことがある人も多いでしょう。

これはある意味仕方のないことで、成分を多く出しやすい方法(特に圧力を加える方法)で抽出した場合、コーヒーの成分上、苦みよりも酸味の方が強く感じてしまうからです。

マキネッタも高温で低圧がかかりますからどちらかと言えば酸味が強く出てしまう方法です。

そのため、酸味の少ない(もしくは苦味の強い)豆を使い、深煎りで、細引きにしておくと苦味を強調出来、好みの味に近づくはずです。

深煎りのブレンド豆やマンデリン(インドネシア)辺りがお勧めです。

酸味?酸っぱいだけ?

余談ではありますが、豆本来の酸味と酸っぱさ(雑味)には違いがあります。

酸味(acidity)は「うまみ」ですが、酸っぱさ(sourness)は「雑味」と認識されることが多いようです。

じゃあ酸味と酸っぱさの違いは何なの?、、、、という話になるのですが、これは完全に本人がどう感じるかです。

 

本来人間が苦手な苦味と酸味が、コーヒーにおいては「うまみ成分」と認識される以上、酸味と雑味の区別もはっきりしません。

豆の種類によっては、腐敗した豆を敢えてハンドピック(取り除く作業)せずに風味のひとつとしている豆もあるわけです。

酸味がたとえ腐敗によるものでも、それが豆の個性なら「うまみ成分」となってしまいます。

 

つまり、本来苦味を楽しむ豆なのに酸っぱさが強いとそれは雑味ですし、フルーティーな酸味が特徴の豆なのに酸っぱいだけならそれも雑味と考えていいわけです。

本来あるべき酸味と、本来の味を損なう酸っぱさ(雑味)の区別ができていると、淹れ方の問題ではなく豆の問題なのでは?と、広い視点が持てるはずです。

火を止めるタイミングが遅い

豆本来の味わいは抽出の初期段階で最も出やすく、そのまま抽出を続けると、「酸っぱさ」を含む雑味が増えてきます。

マキネッタだと抽出量に限界がありますからそこまで気にする必要はありませんが、雑味が多いと感じるなら速く火を止めるか、あらかじめ水を少なく入れるなど工夫が必要です。

もっと抽出できるのにもったいないという考えはひとまず忘れましょう。

 

水割りコーヒー等が良い例です。

「水で割るくらいならたくさん抽出してから冷やせばいいのに」と考える輩(昔の私。笑)もいますが、それは間違いです。

抽出初期の雑味の少ない液体に、水をそそぐからこそすっきりとした味わいになるからです。

酸っぱくなる原因まとめ

  • 酸味が出るのはある意味抽出がうまくいっている証拠、好きになれないなら豆を変えるのもアリ
  • 抽出しすぎの問題。抽出量を減らそう

ミルクには雑味を消す作用がありますから、入れると案外気にならなくなったりすることもあります。

もちろんこれ以外にも考えられますが、ひとまずはこのくらいです。

マキネッタで入れたコーヒーが薄い理由

豆の挽きが荒い

うすくなる原因として真っ先に挙げられるのが豆の挽き具合です。

マキネッタでは中細挽きから細引きまでを使用するのが一般的です。

それより荒い中挽きから細引きの豆を使った場合成分があまり抽出されず、うすくなってしまう事が多いです。

 

家庭用のミルを使って自分で豆を挽いている人も多いと思いますが、その場合は限界まで細く引いていい(家庭用で極細挽きまで出来るものはほぼないので)と考えてください。

なるべく細く挽いた方が成分がしっかりと抽出されやすくなるからです。

シンプルに抽出されていない

抽出した後にバスケットの中の豆を確認してみて下さい。

ひっくり返して豆を取り出したとき、バスケットの型のままポロっと取れれば抽出が上手くいった証拠です。

逆に、この時割れてしまったり、バラバラと出てくるようであればお湯が均等に通らなかった可能性が高いです。

豆をすりきり以上入れていないか、逆に少なすぎるのではないか、フィルターの一部が目詰まりしていないかを確認してください。

味がうすくなる原因まとめ

  • 豆の挽きが荒く抽出が上手くいっていない
  • 豆の量が多い、少ない
  • フィルターの目詰まり

条件によっては火が強すぎる場合に薄くなる事もあります。

以上の点が当てはまるかどうか考えてみて下さい

マキネッタで入れたコーヒーが苦い理由

極細挽きを使っている

基本的にマキネッタで入れたコーヒーが苦く感じて困るという人は少ないようです。

しかしながら、エスプレッソ用の極細挽きの豆を使っている人であれば苦く感じてしまうかもしれません。

この場合は先程も紹介したように、細引きや中細引きの豆を使うことで軽減されるはずです。

抽出時間が長すぎる

ハンドドリップの場合は高温で長時間抽出したほうが苦味が強く出ることが知られています。

マキネッタの場合は沸騰した水が豆を通過する構造上、水温をいじることは出来ませんし、抽出時間(豆に湯が通る時間)についても、強火と弱火で比較した場合数秒しか変わらないでしょう。

ただ、お湯を入れるボイラー(フラスコ)にお湯ではなく水を入れている場合は、豆が高温にさらされる時間が比較的長くなりますから味にも影響するかもしれません。

これがどれくらい苦味に影響するかはわかりませんが、なるべく予めお湯を使うようにしたいものです。

苦くなる原因まとめ

  • 極細挽きを使っている
  • 抽出時間が長すぎる

舌に長く残る雑味も含めて「苦い」と表現する人も多いですので、これから紹介するような他の要因も考えられるでしょう。

美味しくないその他の理由

鉄臭い

マキネッタは金属製ですので使い始めは鉄臭さ(金属臭)があります、数回使うとコーヒーの油性分がまとわりつき鉄臭さが消えていきます。

これを毎回洗剤で洗っていると、油性分まで流れてしまうためいつまでたっても鉄臭さが抜けなくなってしまいます。

そのため、マキネッタを洗剤で洗うのはNGとされています。

普段使う程度であれば水か洗剤を付けていないスポンジでさっと洗うだけで充分です。

粉っぽい

極細挽きの豆を使っている場合や、安いミルを使っている場合によく起こります。

紙のフィルターを使わないため、ある程度微粉が混じるのは仕方のないことですが、飲んだ後に舌がザラザラしたり明らかに粉っぽく感じるのであれば抽出がうまくいっていない証拠です。

安いミルは微粉が出やすく粒がそろいにくいため、挽いた後に一度茶漉しでふるいにかけ微粉をある程度飛ばしてから使うという方法もあります。

最後に

マキネッタで入れたコーヒーがまずくなる理由として色々と上げましたが、基本的にマキネッタは入れ方によって味に差が出にくい器具です。

逆に言うと豆の味がダイレクトに出やすい方法でもあるため、まず最初に疑うべきは豆自体か豆の挽き方でしょう。

それでもうまくいかない場合は、当記事を参考に淹れ方や手順を疑ってみて下さい。

 

参考になると嬉しいです。

ではまた。