暗記のための最強アプリ「分散学習帳」がめちゃくちゃ優秀なので紹介する

f:id:oyomiyo:20190409200912j:plain

数か月前から使い始めた「分散学習帳」というアプリですが、これがヒジョーに優秀だったので紹介していこうと思います。

暗記アプリ「分散学習帳」とは?

メンタリストDaiGoさん監修

「分散学習帳」はメンタリストのDaiGoさん監修のアプリのようです。

テレビで全く見なくなりましたが、現在は知識を生かして多方面で活躍されているようです。

製作者が良ければアプリも良いというワケではありませんが、実際に注目されるほどの実力をお持ちの方が監修というのは、ひとつ嬉しいポイントだと思います。

どんなアプリ?

「分散学習帳」は暗記アプリです。

使い方としてはフラッシュカードのような感じですが、最も効率的に暗記できるタイミングで復習できるところが注目されています。(ここら辺はまた後で取り上げます)

問題自体は自分で作ることもできますが、別の人とシェアすることもできます。

 

私自身もこの手のアプリは山ほど試してみましたが、「分散学習帳」が明らかに効果が高いと感じています。

もちろん、現在はこれ一本です。

無料(広告アリ)

課金制ではなく完全無料のアプリです。

広告は問題で思い出せない時に表示されます。広告を見たくないがために、思い出す一助になりますのであまり気にはなりません。

そこら辺もよく考えられていると思います。

分散学習帳はどこが優秀?

最も効率が良いタイミングで復習できる

ここでは、最も効率が良い復習のタイミングがいつなのかというのが問題になってきます。

 

分散学習帳以外のほとんどのアプリは「エビングハウスの忘却曲線」を基に、復習期間を延ばしていくよう作られています。

復習期間を段階的に伸ばしていくという考え方自体は間違いではありませんが、そもそもエビングハウスの研究は意味のない文字の羅列を覚えたものですし、あたかもあの研究から「忘れる前に復習しましょう」という結論になるのが間違いです。

そもそも、あの研究はそういうものではありません。

 

一方で、現在の脳科学では、

「90%忘れてから復習」が最も効率が良い

とされています。

 

要は、時間をかけてようやく思い出したものや、答えを見て「ああ、そうだった!」となるくらい時間をおいて復習したものの方が長期で記憶に残るというワケです。

分散学習帳アプリは、これを念頭に置いた復習周期で暗記できるため非常に効率的ですし、私の知っている限り、この復習周期を使っているのはこのアプリくらいです。

 

DaiGoさんに感謝です。

 

半信半疑でも、一般的な暗記アプリと分散学習帳で比較してみるといいでしょう。

分散学習帳の復習周期は?

そもそも分散学習とは、復習の間隔を徐々に伸ばしていくテクニックのことですが、そこで気になってくるのは分散学習帳の復習周期でしょう。

正確には分かりませんが、最も精度が高いとされている「ウォズニアックの復習周期」等を参考に組まれているようですが、それ以外にも色々と参考にして決めているようです。

思い出せないくらい間隔をあけて復習するため、テスト前に情報を詰め込むような使い方はせず、じっくりと長期記憶に残したい人のためのアプリと言えるでしょう。

最後に

学生であれ社会人であれ、暗記学習に苦戦している人にはぜひおすすめのアプリです。ぜひ試してみて下さい。

ではまた。