「新AirPodsは買うべきか?」旧AirPodsヘビーユーザーの私が良くなったところとイマイチなところを徹底解説します

f:id:oyomiyo:20190321160624j:plain

遂に発売されましたね。

新AirPods!!!

正確には「AirPods(第2世代)」という名前のようです。

それで今回はタイトルの通り、新旧で改善された所とそうでもなかった所を「旧タイプヘビーユーザー」の私が解説していこうと思います。

新AirPodsの良くなったところ

値上りが非常に少ない

初めに新旧AirPodsの価格について書いておこうと思います。

 

AirPods第1世代(旧AirPods)

・ケースと本体:16,800円

 

AirPods第2世代(新AirPods)

・ワイヤレス充電ケースと本体:22,800円

・従来のケースと本体:17,800円

・ワイヤレス充電ケースのみ:8,800円

 

(価格は全て税抜きです)

 

ワイヤレス対応していないケースで新AirPodsを買った場合、旧タイプと比較して1000円ほどの値上がりしかしていないのは評価できます。

 

また、ワイヤレスと従来のケースで別個に販売しているのもありがたいところです。

ワイヤレス充電ができない人がこのケース持っていても意味がありませんし、その分値段を下げてほしいと感じるのは当たり前のことでしょう。

声で「Siri」を呼び出し可能に

これはウワサ通り新AirPodsには搭載されています。

正直AirPodsでSiriを使うことがほとんどないので、あまりメリットとは思いませんでしたが、よくよく考えてみると「Siri」を使わないにしてもこの新機能には確かにメリットがあります。

 

そもそもAirPodsで曲を再生したり、次のトラックに飛ばす時などは、片方の耳をダブルタップすることで行えます。

これはAirPodsの設定画面から自由に変更することができ、以下のものが準備されています。

  • Siri呼び出し
  • 再生/一時停止
  • 次のトラック
  • 前のトラック
  • オフ

ただ、AirPodsには左右2つしかない訳ですから、片方が「Siri」にとられているとあともう片方しか残りません、、、。

 

そうです。

「Siriに敷かれる」とはよく言ったものです。

(あ、尻か、、、。)

 

私の場合はSiriは使わないスタンスで購入していたのであまり問題にはなりませんでしたが、Siriや音楽再生でガンガン使いたい人からすればこれは、、、、、。

 

Siriませんでしたでは済まされません。

(そろそろウザい)

 

要するに、Siriを声で呼び出せるようになったことで、左右の耳のダブルタップを自由にできるようになったというところはメリットです。

欲を言えばトリプルタップまでできるようにしてくれていれば(旧タイプの段階で)個人的には有難かったと思います。

ゲーム時の遅延が30%低減

これもなかなか嬉しいポイントです。

 

ゲームなんかしないしという人もいるかもしれませんが、単語アプリでも、楽器演奏アプリでも、Bluetooth接続での遅延が少なくなったというのは評価できます。

私もガレージバンドなどの音楽アプリで試してみましたが、やはり旧タイプはレスポンスが遅く、気になる部分がありました。

 

実際に使ってみないと分からない部分が多いと思いますが、新AirPodsではどのくらい改善されているのかが気になるところです。

通話時間が大幅に改善

バッテリー面で新旧タイプを比較すると、

  • 充電ケース併用での連続通話時間:11時間(旧)→18時間(新)
  • 一回の充電での連続通話時間:2時間(旧)→3時間(新)
  • 充電ケースで15分充電した際の連続通話時間:1時間(旧)→2時間(新)

しかしながら再生時間(音楽など)で比較した場合は旧タイプとそれ程の差は感じられません。

そもそも旧タイプもかなりの再生時間があったため、これ以上伸ばす必要もないかもしれませんが、、、。

 

実際私も旧AirPodsを使っていて、もっと充電が持てばいいのにと感じたことは一度もありませんから安心してください。(笑)

新AirPodsのイマイチなところ

ウワサされていた新色の発売ナシ

ひそかに期待していた新色の発売ですが発表はありませんでした。

依然「耳うどん」のままのようです。

 

個人的には「耳うどん」も悪くはないと思います。不自然に耳から出っ張ったワイヤレスイヤホン「耳トリュフ(仮)」よりもよっぽどスタイリッシュだと思います。(笑)

ちなみにAirPodsを塗装できるサービスもありますので、気になるひとは調べてみて下さい。

防水、ノイキャンなし

防水機能はあり得るかもと思っていただけに残念でした。

旧タイプのAirPodsも、「洗濯したけど大丈夫だった」とか、「雨に濡れても問題ない」という声が多いのでそこまでシビアになる必要はないと思いますが、Apple側が防水だよと保証してくれるのであれば非常に安心感があります。

旧AirPodsが発売されてからかなり時間が空いていたので、防水機能が入るのでは?と期待していただけに、少し残念でした。

 

ノイズキャンセリング機能については眉唾だったため、なくて当然だと思います。

そもそもAirPodsは密閉型のイヤホンではないため、ノイキャン対応は非常に難しいと思いますし、そのせいで値段が跳ね上がってほしくもありません。

Appleの優先順位的には防水が先だと思いますから、今回防水にも対応しなかったことを考えるとノイズキャンセリング機能については将来的な話かもしれません。

現時点では、Appleは速くノイキャン対応しろという世間のノイズをキャンセルしたようです。

(くだらんギャグをキャンセリングしなさい)

まとめ

個人的な意見では、

  • 旧AirPodsユーザーはわざわざ買い替える必要なし
  • 電話使用がメインなら新AirPodsへ買い替えの検討もアリかも
  • 新たに買うなら断然新AirPods

数年前に発売された旧タイプと比べそこまで躍進的にスペックアップした印象はありませんが、着実にレベルアップしたものを発売した印象です。

今思えば、新色に始まり、防水、ノイキャン、健康トラッキング機能など様々なウワサが流れていましたが、結局は「声Siri」、ワイヤレス充電と最低限のスペックアップで値段を上げませんでした、、、、。

 

まあ、、、。

みんな期待しすぎ!

(僕も期待してたけど!汗)

 

まあ、Appleならやってくれるんじゃないか感もあったので自分も期待してしまっていたのは確かですが、iPhoneとは違い、独り勝ち状態のワイヤレスイヤホン市場で、目新しさを追求するのはまだ早かったようです。

逆に数年前に発売されていた旧タイプがいかに躍進的だったかも実感できます。いまだに廃れず、文句なしに使える最高のワイヤレスイヤホンだと思います。

 

値段はほぼ上がらず着実にレベルアップしているAirPodsの今後にも期待です。

ではまた。