iPhone7年目の私が偏見だけで厳選したアプリを画像多めで紹介していく

f:id:oyomiyo:20171225211208j:plain

2011年にipod touch4 を初めて使ってから、5、5s、6s、7を経て、iPhone歴はかれこれ7年になる。常に新しいものが注目されるアプリ界で、iPhone歴はあまり関係ないかもしれないが(しかも7年って超ビミョーだし)、タイトルに入れた以上、一応これまでの経歴を紹介させて頂いた。

今回は、ド定番のマストアプリからあると便利なアプリ、試す価値のある技アリなアプリなど幅広く紹介しようと思う。いずれにしても生活向上に役立つアプリというのが前提なので、個人の好みに大きく左右されるゲームアプリ等は紹介しない。

連絡系アプリ

LINE

LINE

完璧に近いコミュニケーションツールだと思う。過去のやり取りもスクロールひとつで確認できるという利点があり、社内メールをラインで統一したがる会社が増えているのもこのお手軽さが要因だと思う。

しかし、連絡に使うSMSはすでに浸透しているものでないと意味がない。40代を超えると、使いこなせる人は限られてくるが、いわゆるスマホ世代では知らない人はいないアプリだろう。連絡のし易さ、操作し易さ、動作の安定感などを考えると、LINEが圧倒的に使いやすい。

その他SNSの有名どころでいうと以下のようなものがある。

Gmail - 安全ですばやく整理しやすい Google の Eメール

Gmail

複数のアカウント可、迷惑メール対策も◎、保存容量も半端ない、検索機能アリと文句なし。さらにはうっかり送信してしまったメールを取り消す機能まである。ここまでのサービスが無料で使えるとなると、使わない理由がない。

 

タスク管理系アプリ

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶

Evernote

第二の脳だと豪語する人もいるほど、エバーノートは有能なアプリである事は間違いない。使い方は人それぞれだと思うが、単純にメモ機能として使っても良し、書類管理に使っても良し、様々な仕事をこなしてくれるマルチなアプリだ。いろんなデバイスでアクセスでき、オフラインでも使える。無料版でもデバイスを2機まで同期できるため、メインのパソコンと自分のスマホを登録しておけば事欠くことは無いだろう。ただひとつ残念なのはアプリの立ち上がりが遅いこと。

1Password

1Password

1つのパスワードで全てのパスワードを管理できる。パスワードが多いと覚えるのが大変だが、かといってメモ帳に書き込むわけにはいかない。そんな時はワンパスワードにメモしておく。アプリを開く時にパスワードが要求されるため他人が勝手に開くこともできない。単純ながら考えられたアプリだ。

f:id:oyomiyo:20171127105134p:plain私が使い始めたころはパスコードでのみのロック解除だったが、バージョンアップにより指紋認証を使うことも可能になった。

CamScanner

Cam Scanner

ハンディスキャナーを持ち歩かなくても、スマホさえあれば紙面から電子書類化できるのは本当にありがたい。カメラの性能が良くなったことも関係していると思うが、最近はアプリでも、かなり鮮明に書類化できるようになった。私はたくさんのことを一気にメモするときは手書きで紙面に殴り書きして、そのあとにこのアプリで電子化するようにしている。

データ管理アプリ

My Data Manager - あなたのモバイルデータの使用状況を追跡し、お金を節約する

My Data Manager

月のデータ使用量などを一目で確認できる。データ使用量の確認だけでアプリを開くのが面倒くさければ、ロック画面から左スライドで表示されるウィジェット画面にこのアプリを追加しておけばすぐ確認できる。アプリ自体使いやすくストレスのない仕様になっている点も評価できる。

f:id:oyomiyo:20171120134316j:plainアプリの表示画面はいたってシンプル。毎月のデータ通信料だけでなく、Wi-Fiの使用量も分かりやすく表示してくれている。

f:id:oyomiyo:20171120134334j:plainウィジェット画面に追加することも可能。アプリを開かなくても分かるので便利。

ダウンロードアプリ

Clipbox

Clipbox

YouTubeなどでお気に入りの動画を見つけたら迷わずここに保存している。似たようなアプリはたくさんあるが、クリップボックスがいちばん使いやすいのは言うまでもない。動画などをオフラインでも楽しみたい人には必須アプリだ。

Pocket

Pocket

私はウェブ上でも迷子になる。面白いサイトがあったのにたどり着けないとか、また読みたいページを探しまくることがある。ポケットはサイトやウェブページを簡単にストックでき、保存したものはオフラインで閲覧できる。動画ならクリップボックス、サイトならポケット。

 

ヘルスケア

Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム Lite

Sleep Meister

決まった時間を設定しておけば、枕元に置いて寝るだけでその時間のうち一番眠りが浅いタイミングで起こしてくれるというスグレモノ。寝返りで起きる振動などから睡眠の状態を把握し分析してくれるため、睡眠の質改善に役立つこと間違いなしだ。

f:id:oyomiyo:20171120133152p:plainその日の睡眠状況をグラフで確認することができる。コーヒーを飲んだ日に限って睡眠効率が悪かったりと、自分の睡眠を可視化できるのが面白い。

この手のアプリはいくつかあるが、無料で使える機能が一番優秀なのはこのスリープマイスターだったので、こちらを紹介させていただいた。マットレスの硬さに応じてセンサーの感度を調節したり、予備スヌーズの機能があったりとユーザー思いだ。ただ、私のように寝相の悪い人間は、寝ている間にスマホを蹴り落さないよう注意が必要だ。(何回かあった汗)

f:id:oyomiyo:20171120133218p:plain月の統計を確認することもできる。因みに私の睡眠時間に驚かれたかもしれないが、ショートスリーパーという訳ではなく、昼間に仮眠を良くとっているだけの話です。

頭痛ーる

頭痛ーる

気圧の変化からくる頭痛を、このフザけたネコがお知らせしてくれるアプリ。気圧の変化をもとに頭痛が起きやすいタイミングを予測し、正確に知らせてくれる。実際にアラート直後に頭痛がする事はよくある。頭痛持ちには必須のアプリだ。そもそも「頭痛ーる」というネーミングからしてフザけ倒したアプリかと思っていたが、意外にも使いやすく堅気な印象だった。

f:id:oyomiyo:20171122235109p:plainメイン画面はこのような感じ。天気と気圧の両方をチェックできるため、非常に見やすい。普段からチェックしておけば、自分の頭痛の傾向が分かって来るはずだ。

カレンダーアプリ

Week Calendar

Week Calendar

この手のアプリは色々あるが、ウィークカレンダーを選んでおくと絶対間違いない。使いやすさ、見やすさ、動作の安定性からしてもピカイチだ。特にスマホのカレンダーアプリは予定名も含む1週間の予定を一目で確認できる物が少ない。ただでさえ画面の小さいスマホの画面の中でいちいち日付をタップして予定を確認するのは本当にストレスフルだ。特にあの小さな画面の中に7日間のスケジュールを詰め込むとなると、このアプリの表示方法が1番賢いと感じるだろう。ちなみに下画像はディスプレイが狭い機種のiPhone5sでの表示画面。

f:id:oyomiyo:20171117201031j:plain予定名まで表示されているというのがポイント、いちいちタップして確認する必要がない。よて必要な機能は揃えつつ、表示方法は無駄がなくシンプル。意外にもこの様なアプリは少なかった。

スケジュールの入力方法はiPhone純正のカレンダーアプリと同期もできるため、Siriによる音声入力も可能。もちろんアプリからも可能。

f:id:oyomiyo:20171117201056j:plain月の予定画面はこのような感じ。こちらも無駄がなくシンプルな印象。

ニュースアプリ

スマートニュース / 圏外でもニュースがサクサク読める

スマートニュース

ニュースアプリの定番といえば、スマートニュースかグノシーだろう。結論から言うとどちらでもいいのだが、それでは面白くないので私の偏見で白黒つけさせて頂いた。人により感じ方は異なるだろうが、私は記事の質を考えてスマートニュースを推している。

f:id:oyomiyo:20171129235926p:plainスマートニュースの表示例、画面に表示される記事の数はグノシーよりも多め。ユーザビリティで言えば五分五分だが、オフラインでも記事が読める設定があったりと一歩上手。

完全に個人の意見になってしまうが、グノシーの記事は、ニュースというよりまとめサイトやにちゃんねるにでも転がってそうなチープなものが多い印象。ひとつの商品を推すだけのほぼ広告のような記事もある。隠れた広告を量産して記事の質を落とすのであれば、スマートニュースのように潔く[広告]だと表示してほしい。

f:id:oyomiyo:20171129235954p:plain参考までにグノシーの表示例を載せておく。左右のスライドでトピックを切り替える操作方法はこちらも同じ。特に使いづらさは感じられない。ここは単純に記事の質で自分に合ったものを選ぶのもひとつの手だ。

天気アプリ

Yahoo!天気

Yahoo!天気

正直な話、新たにアプリを入れなくてもiPhoneでは天気が確認できる。私がわざわざこのアプリを紹介する理由は、下画像の雨雲レーダーだ。同じ場所でも、雨雲がかかるか掛からないかでかなり差があると思う。雨雲の動きや強さを確認しておけば、より正確に把握することができる。Yahoo!天気は数分単位で雨雲の動きを確認できるため、かなり重宝している。

f:id:oyomiyo:20180108130730g:plainバイク移動も多い私が、このアプリのおかげで幾度となくびしょ濡れを回避できたかと思うと頭が下がる…。

280blocker : コンテンツブロッカー280

280blocker

厄介な広告を自動削除してくれるアプリ。安価でここまで安定して機能してくれるコンテンツブロッカーは本当に珍しい。ウェブサイトに広告が乗るのは仕方がないことではあるが、小さなスマホの画面に大きな広告をドカンと表示されるのは耐えがたい。広告ブロックを入れていると、広告を読み込むための容量も削減できる(読み込みスピードも上がる)ため本当に便利だ。

ちなみに無料のコンテンツブロッカーもあるが、ブロック出来る広告の幅は値段相応だと感じた。例としてYahooのトップページの比較例をあえて横並べで載せたので見て欲しい。

f:id:oyomiyo:20171113004005p:plain

無料のコンテンツブロッカーを使用。2つの広告がでかでかと表示されるため、記事がほとんど表示されていない。

f:id:oyomiyo:20171113004028p:plain

280ブロッカーを使用。2つの広告をブロックし、その空白を綺麗に消してくれている。その結果必要な情報にアクセスするのが簡単になった。

ナビゲーションアプリ

Google マップ - ナビ、乗換案内

Google マップ

言わずと知れた地図アプリ。ほとんどの人は、これさえあれば不自由なく移動できるだろう。渋滞などの道路状況がリアルタイムで分かるだけでなく、周辺の店などもすぐに探せる。普通の地図アプリだと店の名前と場所くらいしかわからないが、Googleマップはお店の値段や雰囲気、人数、距離などから最適な店を写真付きで探す事ができる。アプリの操作自体も簡単で、しかもサクサク動いてくれる。まさに痒いところに手が届く、そんなアプリだと思う。

ストリートビュー地図アプリ - We Maps 03 for Google Maps™

We Maps 03

ウィーマップスの特徴は、地図とストリートビューを同時に見れるところだ。普通の地図だけでは迷子になってしまう私のような人間には必須のアプリだと思う。地図とストリートビューは常に連動して動くため自分の居場所を見失う事はない。場所を記録しておきたい時にサッとアプリを立ち上げスクショしておけば、地図と写真の両方を同時に記録する事が出来る。そうすれば、後々見返す時も分かりやすい。操作も軽く無料で使える。

Offline Maps -  Googleエディション&ウィキペディアのために

Offline Maps

今まで紹介したGoogleマップもWe Mapsもオンラインでないと使えない。一方で、Offline Mapsはその名の通りオフラインでも使える地図アプリだ。初めての場所でGoogleマップを使っていても、電波が届かないところを運転していると通信が途絶えてしまう事はある。しかも皮肉なことに、大抵電波が届かないのは田舎のへんぴな所が多い。そんな所で迷ったら途方に暮れてしまうだろう。Offline Mapsは先に地図をダウンロードするため、旅行前には保険として入れておくと安心だ。

Waaaaay!(うぇーい!)

Waaaaay!

ネーミングからしてふざけているが、全くナナメな発想のアプリ。目的地までの距離と方角しか教えてくれないと言うくだらなさが面白い。たどり着けば「うぇーい」と盛り上がりそうだが、迷っても「うぇーい」で片付けられてしまいそうだ。ちなみに私はずっとこのアプリをインストールしているが、一度も使った事がない。ここぞと言う時のため温めておく。技アリなので紹介した。

乗換案内

乗換案内

有名な案内アプリはいくつかあるが、見やすさと使いやすさで言えばコレが1番だ。一本前、一本後の検索も含め、必要最低限の機能は全て無料で使う事が出来る。いざ必要な時に必要な機能が有料版でしか使えないとなると、どれだけメンドくさいかは想像がつくだろう。電車だけでなくバス、飛行機、フェリーなどでの検索もできる。公共機関での移動が多いならこのアプリは必須だ。

カメラ・ビデオアプリ

ProCam 4 - マニュアルカメラ + RAW

ProCam 4

写真にこだわらないのであれば、iPhoneの純正カメラアプリを使えば充分だが、ワンランク上の写真を撮りたいなら本当にオススメのアプリだ。プロカムで撮った写真はPCに取り込んで画像編集出来たり、4K動画が撮影出来たりと、スマホカメラを限界まで遊び尽くしたいのであれば600円の価値は充分にある。

StageCameraHD - 高画質マナー 無音カメラ

StageCameraHD

iPhoneの「カシャ」は音がデカすぎる。 たとえスピーカーを手でふさいだとしても無音にはならないし、iPhone7となるとふさぐ場所が多すぎて写真どころではないだろう。この手のアプリは動画から静止画を抜き出す方法が使われるため普通の写真よりも画質が悪くなる事が多いが、ステージカメラHDは画質を落とす事なく無音で撮影できる

Adobe Photoshop Express:写真の編集、コラージュの作成、画像の加工、写真の補正

Adobe Photoshop Express

かの有名なアドビのアプリだ。画像編集ならこれ一択と言っても過言ではない。使いやすく、本格的な編集も簡単操作で完結してしまう。

f:id:oyomiyo:20180115120731j:plain

CleanPics

iPhoneカメラは暗所撮影に弱い。昔よりは改善されたがやはりノイズが目立つ。クリーンピクスはノイズ除去に特化したアプリで、本当に自然にノイズを消す事ができる。ノイズ除去のアプリは色々あるが、私が試した中ではクリーンピクスが圧倒的にクリーンな画像を完成させてくれた。これに480円をつぎ込む人は本当に少ないと思うが、写真好きには絶対オススメのアプリだと思う。

ミュージックアプリ

Shazam - 音楽認識

Shazam

この曲何だっけ?と思ったらすぐにこれを取り出せばいい。使う機会は少ないが、いざというときに役立つのがこのアプリだ、Siriに聞くという手もあるが、私はどんな状況でも聞ける肝っ玉は持ち合わせてない。因みに、Appleがシャザムを買収するという噂もあるが、それはこのアプリの音楽認識の正確性を高く評価している証拠だと思う。

フリマアプリ

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

メルカリ

欲しいものがめちゃくちゃ安く見つかることもあるのがフリマアプリの良いところ。私は普段アマゾンで買い物をする事が多いが、一応メルカリでも見ておこうと検索したところ、半額以下で見つかるなんてこともある。入れておいて絶対損はない。私も試しに2点ほど出品してみたが、どちらも一週間ほどで売れ、売り上げは6.500円程になった。手数料が高いと言われることもあるが、匿名配送、メルカリ便、コンビニ出荷など便利なサービスが充実しており、結果的にメルカリにして良かったと感じるだろう。

ヤフオク!

ヤフオク!

ちなみに、フリマアプリではないが、ヤフオクもオススメ。

Pinterest(ピンタレスト)

Pinterest

たくさんの人のアイデアをまとめて見ることが出来る。息抜き程度に見ようとすると、いつの間にかのめり込んでしまう。

料理アプリ

kurashiru [クラシル] - 料理レシピ動画数No.1

kurashiru

調理過程を動画で紹介してくれるというのが一番の特徴。特に料理初心者にはありがたい機能だ。調味料を加えるタイミングや量が一目でわかるため、適量、少量、お好みで、等の表示が大嫌いな私にはピッタリなのだ。クラシルはアプリリリースから一年半で1000万ダウンロードを記録したが、これはすでに紹介したフリマアプリのメルカリに匹敵する速さだ。いかにこのアプリが画期的で、多くの人に受け入れられたのかがわかるだろう。

DELISH KITCHEN - レシピ動画で料理を簡単に

DELISH KITCHEN

クラシルと双璧をなすのがこのDELISH KITCHEN。クラシルとの比較は下の「アプリ比較」にまとめたので、興味のある人は是非。

どちらも入れておいて損はないのだが、参考までに比較説明をしようと思う。まずはこれらのアプリの最大の特徴ともいえる動画についての比較から。gif画像のため本アプリとは全く同じスピードではないが、体感としてはこのくらいだと思ってほしい。

f:id:oyomiyo:20180108123812g:plain

クラシルの動画は割とサクサク動く印象。大体が一分以内で終わる。

f:id:oyomiyo:20180108123908g:plain

DELISH KITCHENの動画はゆっくり丁寧な印象。いずれにしてもコンパクトに収めてくれている感はある。

 

動画の質はどちらも非常に良く分かりやすい。そもそも動画がこれらのアプリの一番の特徴なため当たり前なのかもしれない。ざっくり比較すると、コンパクトに収めてくれているのはクラシル。ゆっくり丁寧なのがDELISH KITCHENという感じ。

f:id:oyomiyo:20180108124005g:plainクラシルの料理手順の説明画面。コツ・ポイントも紹介してくれていることがほとんどで勉強になる。たべれぽ(クックパッドでいう「つくれぽ」のようなもの)の掲載もあり、ユーザー個人が作った料理を確認することもできる。

DELISH KITCHENは料理手順を動画で説明しているのが大きな特徴、さらに料理の説明以外のものをあまり載せておらず、とてもシンプルな印象。

個人的に使いやすさはクラシルの方が良いと思っている。DELISH KITCHENでは、各手順ごとに細かく動画を分けてくれているが、いざ料理を始めると、いちいち動画を再生して確認するのは意外とめんどくさい。初めに動画さえ確認しておけば、大体の流れは把握できているため、クラシルのように文面で確認できる方がよっぽどストレスフリーに感じた。

少しだけ比較したが、私の印象ではやはりクラシルの方が一歩上手だった。UIはもちろん、細かな気配りをめんどくさがらずに取り入れているのが良く分かる。ウィジェット画面の通知に画像を入れたり、動画秒数を表示したりと、DELISH KITCHENに見られない気配りが多かった。

広告で比較してもやはりクラシルだった。有料版があるためそこからの収入が手堅いのかもしれないが、DELISH KITCHENは広告を増やしたり、企業とのコラボ料理動画などで、収入を増やさざるを得ないのかもしれない。

クーポンアプリ

 後々追加予定。

取りあえずここまで。